センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

勝つことはできなくても

 たまたまTVで見た予告編の映像に惹かれて「ドクター・ストレンジ」を観てきました。アベンジャーズまわりの、というかマーベル・シネマティック・ユニバースに連なる作品だけれど、独立した話なので予備知識なしでも大丈夫だと聞いて。あとはベネディクト・カンバーバッチ主演というくらいしか前情報はなかったのですが、すっっっごく面白かった!!

 

 とにかく映像がきれいで、スクリーンを眺めているだけで楽しかったです。魔術によって歪められる世界がシュールレアリズムの絵画みたいで、万華鏡のように自在に変形するニューヨークの高層ビル群やロンドンの街並みはエッシャーの迷路のようでした。砂漠の中空にぽっかり浮かんだ窓みたいに異次元へのゲートがひらかれていた場面も印象的だった。
 私は2Dで観ましたが、3Dで観ても楽しめるんじゃないかと思います。4Dでも観てみたい。

 

 ティルダ・スゥイントンが演じるエンシェント・ワンがめちゃくちゃカッコよかった。あのキャラクターはズルいよな〜!
「バットマン ビギンズ」といい、なぜ修行というとすぐチベットへ行きたがるのか……ハリウッドはチベット密教的なものに夢を見過ぎなのでは? そしてチベットなのにマスターはアジア人じゃないんだ? と野暮なことも脳裡をかすめたのですが、エンシェント・ワンはケルト人だと作中で説明されてなんとなく納得してしまった……。あとカトマンズの雰囲気が魅力的すぎた。
 天才外科医のドクター・ストレンジは事故に遭って手を動かせなくなり、西洋医学に見放された末に魔術に目覚めるのですが、それでも戦闘で負傷すると西洋医学の救急医療に駆け込むところがおもしろかった。

 

 自己中心的で傲慢なドクター・ストレンジの、命を救うために医者になったのだから人殺しはしたくない、というキャラクターに個人的にはとにかくホッとしました。否定されてもそのありようを貫いてくれてほんとうによかった。

 

 以下、あまり具体的ではないですがストーリーの核心部分にも言及します。

more >>
映画 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

どこで線を引くべきか、いつも考えている

 元日は1日で映画の日です(なので映画館はたいそう賑わっている)。私も今年は初めて1月1日から映画館に行ってみました。たまたま、数日前にツイッターのタイムラインで「MERU」のことを知って、べつにそれほど山が好きというわけでもないのになぜかすごく気になってしまったので。

 

 タイトルの「メルー」はヒマラヤ山脈のメルー中央峰のことで、過去30年間だれも成功していない「シャークスフィン」と呼ばれる岩壁の直登に3人のトップクライマーが挑むドキュメンタリーです。
 事前にほぼ何の情報もなかったので、当初、私は自分では絶対行けない場所のスリリングな映像が見られるのかな、という期待をもっていました。「エベレスト 3D」の予告編みたいなイメージというか。
 ですが実際の映画はぜんぜん違っていました。足が竦んだり肝が冷えたりする場面はひとつもなかった。風景は雄大で神々しいくらいにきれいで、厳しさも伝わってくる、けれど怖くはないし、クライマーの3人も常に淡々としています。天候が悪化したり道具が壊れたりするアクシデントはもちろんあるけれど、それでも彼らは観客を不安にさせるような行動はとらない。

 映画でチームは二度、メルーにアタックします。一度めは失敗に終わるのですが、このときの、頂上まであとわずか、というところで撤退を決断する瞬間が私はいちばん感動しました。17日間も死ぬ思いで登ってきて、そもそもはるか手前で天候に足止めされて食糧を想定以上に消費してしまい、チーム最年少のレナン・オズタークが「無理だろうな」と思った、という段階では引き返さなかったのに、ほんとうにあと一歩というここで撤退するってものすごい勇気だな、この決断をするのは簡単ではないと思いました。
 その後の二度めは、雪崩に巻き込まれて脳と頚椎に後遺症を負い、高地に行けば脳梗塞の危険があるレナンを(本人の意志に任せるというかたちで)チームから外さず、一度めより困難な状況で再挑戦します。彼らのリスクのとりかたというか、無謀に見えるけれどきっと成し遂げられることと、何とかなりそうに思えるけれど挑めば命とりになること、の見きわめのすごさ、みたいなことを考えさせられました……。


 あとチームの3人の絆はもちろん、チームをひっぱるコンラッド・アンカーの家族や、亡くなった師や相棒との関係性みたいなものもとても印象に残りました。
 チームの一員のジミー・チンはプロの写真家でこの映画の監督もしていて、レナンもスケッチをしたりしている場面があって、背負わなければならない装備が多くて余計な荷持はひとつでも減らしたいだろうに、それでもカメラや画材は持っていくんだなあとか、そんなことも思いました。

 

 普段あんまり見ないジャンルですが観てよかったです。少なくとも今の私には必要な映画でした。

映画 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

背中を合わせろ

 昨夜はレイトで「ウルヴァリン X-MEN ZERO」を観てきました。
 ヒューっていうかウルヴァリンが全編ひたすらにかっこいい映画でした……ヒューはスタイルが良すぎだと思う。「MW」で賀来神父を演じた山田孝之といい、なんか最近胸毛耐性ができてきたなあ……とカナディアンロッキーを渡る風にそよぐヒューの胸毛を見つめてぼんやり思っていたのですが、「あくまでヒューだから胸毛でもアリなんだ」と弟に力説されました。そ、そうかな……
 ミュータントが多彩で面白かった。レミー・ルボーも派手で好きだし、私はアジア系のゼロも好きだったなー。あ、そうそう旅の仲間に再会しました! メリーがいた!(笑)冒頭でドミニク・モナハンてクレジット出てたので気にしてたら、いきなり出てきていい味出してました。今回サー・マッケランがいなかったのが悔やまれます(笑)

 ところでヒュー=ウルヴァリン=ローガン=ジミーと兄のヴィクターの関係がすごい、というかヴィクターのヒューへの執着ぶりがすごいんですが、原作ではそこはわりとあっさりしているらしく……何だこれは、太平洋の向こうでもFUJOSHIは一度食いつくと映画館に通い倒して金を落とすので客層として狙われているのかしら……とか邪推してしまいましたよ。
 決め台詞が「背中を合わせろ!」だから。ヴィクターは「俺たちは兄弟だ、離れられない運命だ」みたいなことも言ってたし。そもそもヴィクターはヒューが自分のもとを去ってから凶暴化するわ、女に現を抜かしたヒューの気を引くために彼女を襲うわ、すごく……yaoiです……。
 そしてヒューの彼女は月と月の恋人がトリックスターに引き裂かれたので月は孤独なのだ、という話をヒューにするんですが、終盤「彼女が月で俺が月の恋人だと思っていたが、彼女はトリックスターだったのか」みたいなことをヒューが言います。え、それって月はヴィクターだったってこと……?
 ヒューは全裸で納屋にとびこんだりしてたし(笑)

 逃げるちっちゃいヴィクターとジミーが大人に切り替わって、独立戦争・南北戦争・第二次世界大戦・ベトナム戦争……と色んな戦場を走り抜けるカットが入るオープニングがかっこいいです。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

司会はウルヴァリンの第81回アカデミー賞

 アカデミー賞授賞式、今年も見ました。
 司会がヒュー・ジャックマンだよ!「この不況でオープニングアクトもカットとのことだが、俺はやる」と体を張って寸劇をやってくれました……アン・ハサウェイをお姫様抱っこでステージに上げて「フロスト×ニクソン」を再現したり、ハリボテのバットモービルに跨って「マンガ原作じゃなぜダメなんだ 十億ドルも稼いだのに」みたいなことを言ったり、「オレはウルヴァリン!」と叫んだりしていました(笑)
 歌って踊って笑いをとる多才なヒューに驚いた! ヒューかっこいい!
 ビヨンセも出てきて、ミュージカルナンバーをメドレーで演ってくれた場面はすごく楽しかったです。

 一組のプレゼンターが複数の賞をまとめて担当してる部分があって、えっ人件費削減? とか思ってしまった……
 でも演技賞はそれぞれ歴代の受賞者が5人ずつ出てきて豪華でした。
 というか不況だ経費削減だと言っても、やっぱり演出は派手で楽しいです。映像よりも、実際の大道具・小道具やダンサーを使っていて臨場感があった気がする。

 長編アニメーション賞受賞のみならず、ロマンス映画のコーナーで紹介されたり、脚本賞にノミネートされたり、何かと登場する「ウォーリー」の人気にはいろいろ通り越して笑うしか……
 アニメーション映画特集で、ウォーリーがゴミの山からオスカーを拾って放り捨ててたのに大変笑いました(笑)

「スラムドッグ$ミリオネア」の総なめっぷりが凄かった。
 作品賞・監督賞だけじゃなく、歌曲賞とか技術系の細かい賞までさらってたよ。もうさ、視覚効果とかメーキャップとかそのへんくらい「ダークナイト」にあげてくれよ……! (そのへんを持っていったのは「ベンジャミン・バトン」だったかも)
 個人的には撮影賞はぜひ「ダークナイト」にとってもらいたかった……まあ、私の中では作品賞だって「ダークナイト」ですけども。

 ヒース・レジャーの助演男優賞はノミネートされた時点で確定みたいな雰囲気だったけど、本当によかった……。
 ヒースも切なかったけど、追悼コーナーでマイケル・クライトンの名前が出て思わず涙が……。最近になってああもうあの人の新作出ないんだな、とかってじわじわへこんでいたので……日本であんまり話題になってないぶん、ハリウッドで惜しまれていることに泣けました……

「おくりびと」のプレゼンターがリーアム・ニーソンだったね!

 やはりどうにもこうにもハリウッドが好きです。
 不況に負けずに大作つくって欲しいです。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

愛のない真の革命家を想像することは、不可能だ

「チェ 28歳の革命」を観ました。
 チェ・ゲバラについてはものすごく基本的な部分からいろいろ知らなかったので勉強になりました。アルゼンチン人で医者だったとか。
 若い兵士に「読み書きを覚えなさい」ってずーっと言ってたのが印象的でした。地味に行軍するシーンが多くて、ああ革命っていう言葉は派手だけど実際はこういう地味でしんどい仕事の積み重ねなんだなあとあらためて思いました。チェの喘息も本当につらそうだった……
 カミロがかっこよかったです。後半カミロばっかり見てた(笑)

 あとスペイン語っていい響きだなーとずっと思ってました。聞いていて気持ちいい。
 そういえば私、第二外国語はスペイン語ってずっと決めてたのに、なぜか大学入ったら仏独露中の四択しかなくて、いきなりやる気をなくしたことを思い出しました……。

 映画のあとは春に予定されている遠征企画の打ち合わせでした。この顔ぶれで集まるのが楽しみすぎて秘かにわくわくしていたのですが、楽しかったです! 
 企画自体もものすごく楽しみだけど、プレッシャーが……頑張ります。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

ゴールデン・エイジ

 ユナイテッドシネマとしまえんにて「エリザベス ゴールデン・エイジ」鑑賞+庭の湯ナイトパックで有休終了。

「エリザベス」は、前作がすごくすごくすごく好きで、あの完璧で壮絶なラストの続きなんて出来やしないよ……と思っていたので、ある程度身構えて見に行きましたが、……ほんとにあの前作のラスト何だったのかと。何もかも超越した境地から俗世に戻ってきてましたよ……
 何かもう、所詮愛で性で男なの? そういうのを越えたんじゃなかったの? 結局生身の人間には越えられない壁なんだとしても、もっとこう……あると思うんですよ描き方が。

 女王が侍女をいっぱい侍らせている絵はすごく良くて、特に小人症っぽい侍女を縫いぐるみのように膝に乗せている絵はちょっと不気味で変なエロさがあったので、そういうちょっと畸形っぽいインビさを貫いて欲しかったよ……
 前作の拷問のシーンを見ていても思うのですが、この監督わりと暗くてマニアックな傾向なんじゃないかと……今回はかなり抑えてわかりやすく、かつ一般向けを意識したのではないかなあ。惜しいなあ!(根も葉もない言いがかりだったらスミマセン)

 あとジェフリー・ラッシュ扮するウォルシンガムのその後にもちょっと泣いた。あの血も涙もない男色家のウォルシンガムが好きだったのに……
 ケイト・ブランシェットは変わらずお美しかったです。是非今回こそオスカーを獲って欲しい!

 今日は職場の送別会を駄菓子バーで(笑)してもらいました。
 店内はテレビの番組も昭和で、店長が昭和のアイドルを熱く語っていた……。駄菓子だけでなくおつまみやごはんもオーダーできるのですが、皆ほとんど駄菓子をだらだら食べていた気がします。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

グローバリゼーションという悪夢

 ぼーっと見ていた「知っとこ!」の「新婚さんの朝ごはん」がタンザニアでした。
 へー、いいとこだなあタンザニア、ごはんもおいしそうだなあ……と思いながら、ちらっと頭をよぎったのは『ダーウィンの悪夢』。あれって、タンザニアの話じゃなかったか?

 去年の夏にDVDで見て衝撃を受けたのですが、感想を書きそびれていました。
 覚悟して見たんですが、それでも予想以上に重いドキュメンタリーで正直言葉が出なかった……救いがなさすぎました。

 どんなに醜悪ななかにも必ず何かひとつ美しいものはあるはず(逆もまた真なり)、と思ってものを見ているけれど、本当にこれでもかという位、ただ絶望的でした。
 タンザニアの自然(というか生態系)がナイルパーチによって破壊されるところから始まってるし、加害者も被害者も貧しくて飢えているなかで陰惨な犯罪は起きるし……身の部分をパック詰めにして輸出したあとの魚の、もはや生ゴミでしかない骨と皮と頭部を処理しているふりをしてこっそり運び出し、食べ物として売っているとか、もうほんと……ゴミを貧しい人たちが漁って食べるとかそういう生やさしい状況じゃないんですよ、蛆のわいてる生ゴミを加工(と言っても天日に干すだけ)して売ろうとする場があり、そこに雇われて働いている労働者がいて(強いアンモニアに晒されているために片目を失いながら働いている人がいました)、経済が成立しているんですよ……。お金がなければ生ゴミすら口には入らない。
 ナイルパーチの身の部分は日本を含む先進国へ輸出され、安価な白身の魚として広く使われているのだそうです。ファーストフードのフィッシュフライとかに。ケンタッキーのフィッシュフライ、マックのフィレオフィッシュ、どちらも私は好きです。この絶望的な状況の頂点にいて、彼らから搾り取れるだけ搾取しているのは、最終的には私でもあるということです。

 浜辺で幼い子どもたちが飛び跳ねているシーンに、ああ、無邪気だなあ微笑ましいなあ、と思うと、実はプラスチックの資材を溶かしてつくった毒性の強いドラッグでラリっている場面だったとかね……。そのドラッグの原材料のプラスチック資材はナイルパーチ輸出用の梱包資材だそうです。
 戦争になれば金が貰える、だから戦争を望む、と話す工場の夜警の男性に、「人を殺すのは怖くないの?」とインタビュアーが素朴に問いかけ、「戦争ってのは人を殺すものだ」ときっぱり言いきられて、それ以上何も言えなくなっていたのも印象的でした。戦争が生存の可能性だというこういう人たちに、反戦を訴える言葉は私だって持っていない。こういう人たちを見殺しにしながら私たちの平和な社会は維持されているんだと、頭を落とすだけです。

 だからと言って戦争を肯定もしないし、もうフィレオフィッシュは食べない! なんて短絡かつ自己満足的になりもしないけどね。
 自分が無意識に踏みつけにしている人たちの現状を見せられて、恵まれてることに感謝してポジティヴに生きます! なんて無神経極まりないことを言っちゃえるほどオメデタイ人間でもないし。
 とりあえずイヤでも涙は出る(とにかく悲惨すぎて、無力感で)ので、24時間どうでもいい偽善をたれ流すくらいならこういうのをやったらいいんじゃないかな……泣けるぜ……と八つ当たり的に思ったのでした。一日食べたいだけ食べて無為に過ごしたあとだったので余計にへこんだんだ確か。

 ……なんだけど、紹介されていたタンザニアが、まさに悪夢のようなあのドキュメンタリーからはかけ離れていて、何だかぼんやりしてしまいました。
 今朝の「知っとこ!」だけ見たらタンザニアにあんなひどい貧困があるなんて想像もしないよ。わあ行きたい! とすら思ったもん。

『ダーウィンの悪夢』は内容が悲惨なわりに一本の映画としては美しく、非常に辛いのに「もう二度と見たくない」とは思わせない映画です。沢山の人に見てもらいたいと思います。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。

「スゥイーニー・トッド」を見てきました〜。
 おもしろかった! 「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」と最近のティム・バートンはちょっとどうなの……と思っていたけど、これは良かったよ。すごい楽しいよ!
 ただ血と刃物が苦手な人にはあまりオススメしません。結構本気でスプラッタです。喉をかっ切るシーンとか、遠慮なしに撮ってるから! デビッド・フィンチャーみたいに肝心なところでカメラをパンしたりしてくれません(笑)R15も納得……

 原作はブロードウェイミュージカルらしいですが、日本でやるならトッド役にはぜひあっちゃんを……!(笑)人肉パイで大繁盛するラベット夫人は今井ちゃんでバッチリだと思う。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

ダーリンは金属生命体

 結婚したい……
 オプティマス・プライムさまと…
(注:人間ではありません、人間より高度な知性を持った金属生命体です)

 ……えーと、「トランスフォーマー」見てきました。
 面白かった! ディス・イズ・ハリウッドな娯楽超大作でした。終始ドンパチワーワーしていて、爆発しまくって、ところどころでくだらないギャグが入って、最後は冴えない主人公が美人彼女をゲット。
 どれほど映画インテリにバカにされようともこういう映画が好きだ……!(叫)

 正直見る前まではあまり興味がわかず、コンボイとかバンブルビーとか盛り上がる弟と両親の会話にまったくついてゆけずにいたのですが(キャラクター名も何回聞いても覚えられなかった……)、もうバッチリです。
 ていうかオプティマス・プライム(和名コンボイ)さまがかっこよすぎました……もうほんと結婚したい。惚れた! いま理想のタイプを聞かれたら、オプティマス・プライムさまです! と胸を張って言うよ!
 一緒に見た母も同じような感想だったらしく、ひとしきりオプティマス・プライムさまを褒め称えあってしまいました。

「あの覗き込む眼差しがいい!」
「深い知性を感じるよね!」
「そうそう、気品と風格も兼ね備えていた!」
「私の携帯トランスフォームしたらどうしよう……オプティマス・プライムさまは助けに来てくれると思う?!」
「来てくれるよ! オプティマス・プライムさまに窓から覗き込まれたい……!」
(しつこいようですが対象はトランスフォームする金属生命体です)

 主人公の車からトランスフォームするバンブルビーもいいやつだった…
 漠然と車は欲しいけど、具体的に希望する車種はなかったんですが、あれだ、黄色のカマロ! 私もバンブルビーに乗りたい! バンブルビーになるカマロを4000ドルで買うんだ〜!
 自分で走れる偉い子なので右折でキョドらなくてよくなるし(笑)

 ひたすら男子が燃える映画だと思っていたのですが、あきらかに別のベクトルでもえてしまいました。おかしいな……
 そして確かに映画を見るとオモチャを買いに走りたくなります。オモチャでもいいから手元に置きたい!
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子

世界の果てでヨーホー

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました。3時間の長丁場でかったるくてほとんど寝ていたという弟談だったので心して臨んだのですが、言うほど退屈ではありませんでした。娯楽大作としては十分楽しかったです。
 
 ただジョニー・デップは食われてた……ジェフリー・ラッシュとキース・リチャーズに(笑)もう今回の主役は完全にバルボッサだったと思う。大活躍だよ、ひとりで頑張ってたよ。
 オーリィはこの3部作通して最も役立たずでした。なんていうか、「トロイ」のパリスを思い出すダメぶり! オーリィが余計なことしなきゃ回避できた災難が結構あった気がしますが、気のせいか。
 エリザベスの中華風な衣装すっごくかわいかった……!

 チョウ・ユンファをかなり楽しみにしていたので、思ったより出番が少なくて残念……。スキンヘッドにタトゥー入れててかっこよかったのになあ。シンガポールの雰囲気も良かった。
more >>
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子