センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ネイチャー・コール

 涙を流すためのトイレがあったらいいのに。防音とか完璧で、泣きたくなったら飛び込んで思いっきり泣けるような。
 子どもの頃から「いい加減泣きやみなさい」「泣けばいいと思って」などと言われるたびに「無茶言うなよ!」と(泣きながら)思っていましたが、泣きたくなったときってトイレ行きたくなったときと同じで、もう生理的にやむを得ないというか、制御できないのは私だけですかね。泣いちゃダメだと思ったら余計泣けてくるし、気が済むまでわあわあしてスッキリするしかないと思うんだけど。

 ……教習の帰り道、べそべそ泣きながらそんなことを考えました。本当は子どもみたいにわんわん泣きたかったんですが、夜道でそんなことしたら近所迷惑なうえにホラーなので、必死で抑えてべそべそしてた。
 あまりにも教習がうまくいかなくて、教官との相性も良くなくて(苦笑)もちろん仕事とか、体調とか、行ってみようと思ってたデリが休みだったとか、複合要因だとは思うんだけど……そしてたかが車の教習ごときで泣かされる自分のふがいなさにも泣けました。

 ちょっと難しめのことを言われるとすぐ、無理に決まってんだろ、出来たらやってるよわかってても出来ないんだよいっぱいいっぱいなんだよ、私の状態を見極めろよ、みたいに思って、どうせ私できないもん、とすねた子どもみたいなモードに入ってしまいます。高校の部活で馬に乗ってたときもそうだった。
 でもやっぱりそれは甘えなんだよなー。だって、出来るようにならなきゃいけないのは教官やコーチのためじゃないんだもんね。私のために、私が、出来るようにならなきゃいけないことなんだから、甘ったれてないで頑張るしかないのです。この歳になるまでわからなくてすみません……。

 運動神経がないからなのか、体でおぼえるたぐいのことはとにかく感覚を掴むまでがしんどくて……逆上がりも二重跳びも自転車の補助輪外すのも水泳も馬もみんなそうだった……。
 目線が近い、もっと先を見なさい、目の前しか見てないからふらふらするんだよ、とよく言われます。運転に限らず全てにおいてそうなってる気がしてドキッとする。行きたいところをしっかり見て、行きたいコースをきっちりイメージできていれば、体が勝手に動いてそこへ行ける、そうです。

 それにしても「涙のトイレ」っていうのはあんまりな語感だよね……。もっときれいな表現はないものか、結構頑張って考えたんですが、思いつきませんでした……。敗北気分です。
つらつら思う | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
私は欲しいです。涙のトイレ。
携帯用があればなおよし。
目から水が出てきちゃうんだもん、しょうがないじゃん。
(仮) | 2007/02/14 9:38 AM
そうそう、まさにそう! 目から勝手に水が出てくるんだよ!
確かに携帯用も必要かも知れない(笑)
たらう | 2007/02/14 6:01 PM
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/628963
TRACKBACK
<< 金田一です | TOP | なにもかも、西瓜糖の言葉で >>