センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

出来ない私が繰り返す

 3月ですね。

 一時期SNSで身内にのみ公開していた(現在は封印済)殴り書き状態の日記を読み返していたら、「95年の長髪美人TERUを突然思い出して盛り上がってライヴに行ったらそこにはいたのはおっさん……みたいな……そんな気分ですよ今」というセンテンスがあって、わあ的確! と思いました。私にとってのみだけど。私以外の人にはまったくわからんと思うけど。
 とりあえず私にはその当時の私の気分が大変よくわかった。

 そんな感じで私にしか通じない言葉で現状を表すと「解散を間近に控えたバンド(本命)のラストツアーをまわってる最中」です。永遠を欲しがっても刹那を感じてます。毎日。
 Xデーを予想するといてもたってもいられなくなる。
「LUNA SEAのRYUICHIが好きなんだもん、そうじゃないなら意味がないんだもん」なので、建設的なこと(ソロになってもRYUを追うとか)を何も考えられず、と言っていさぎよく諦めることもできず、ただぐずぐず「あ〜いなくなっちゃうのつらいなあ」と思い詰めるばかりです。つらいつらいつらい。終わりが始まっているのにまだ、昨日と同じ今日、今日と同じ明日が来て何ごともなく続いていくことだけを馬鹿みたいに望んでいる。
 ありえないのに。関係性も場もまるごとそのまま現状維持なんてほんと、絶対ありえない。

 ライヴなので通常の2割増で疲れるし、毎日毎回終わったあとには軽い虚脱がきます。いっそもうぜんぜん見ずにいればそれはそれで日が過ぎて、案外あっさり忘れてしまえる気もしているんですが、そうもいかないし。
 そんなわけで活動量の倍ぐらい疲れます……。HPは残ってるんだけど、MPを大量消費している。

 越えられない壁だ。
 ……素直に書けば一行で済むことをこんなひねくれた書き方しかできないところが。

(あとXデーがいつなのか実は正確に知りません。訊けばいいんだけど、怖くて訊けないでいます)
つらつら思う | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/638084
TRACKBACK
<< 名前はまだないバトン | TOP | 開幕・圧倒的アウェイ >>