センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

四万六千日

雷門

 仕事の帰りに浅草寺のほおずき市に寄ってみました。
 浅草ってあんまり行ったことがないので。さすがに大にぎわいでした。浴衣姿の人が多かった……おねえさんはもちろん、少年二人連れで浴衣装備も見かけました。

 あげまんじゅうやら串焼きやら欲望の赴くままに食べ歩いて縁日を満喫。大人って最高だな! しかし今はたこ焼きも焼きそばも500円なんだよね。私が子どもの頃は250円ぐらいだった気がする。
 ほおずきは風鈴と一緒にたくさん吊るされていました。

 おみくじ引いたら凶だった。待ち人来ず失せ物出ず願い事叶わず、全否定。

 人力車をひくお兄さんたちが呼び込みをしていました。
 浅草名物! 話題のオシゴトです、なんてうたい文句でタウンワークに求人広告が出てたりするんだろうか、ああいう仕事も。

 それにしても四万六千日のお祭りなんて久しぶりです。
 子どもの頃は毎年護国寺の四万六千日さんに連れて行ってもらっていたので、響きがなんか懐かしい。
ぶらぶら出歩く | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/812504
TRACKBACK
<< 星に願いを | TOP | ゆく年くる年 08'→09' >>