センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

続・趣味は読書

 最近読んだ本と買った本など。


 谷崎潤一郎の女性同性愛もの。まさにやおいの裏返しの百合、ですが文章がすごいせいか迫力がある。森茉莉の「枯葉の寝床」の逆バージョンみたいな……。美文を読みながら書いたら少しはあやかれるかと思いつつ読みました。
 性的に欠陥があるという綿貫のセクシャリティーが気になりました。中性とか精神的恋愛とか言い出していたので……単に男性機能が弱いということだとは思うんだけど。あと解説で「変態性欲」とか言いきっていて時代を感じました。

パレード
 最近の川上弘美では抜群に好き。『センセイの鞄』に連なるエピソードという位置づけらしいですが、そんなこと関係なく読めます。マーガリンを舐め、「イガイガイガ」と言う天狗がかわいい。この人は恋愛ものより絶対こういうのの方がいいと思うんだけどなー(いつまでも同じこと言ってすみません)

青い麦
 これは買ってない。辛酸なめ子がヨムヨムで「ガーリイな恋愛小説」に挙げていたので読んでみた。見栄張って新潮文庫の堀内大學訳で読んだけど、あきらかに集英社文庫のほうが読みやすそうで、新訳だってだけで食わず嫌いしちゃいかんよなあ、と思う。でも私はカラマーゾフもたぶん新潮文庫で読むよ(笑)
 内容は少年と少女に熟女なマダムが絡んで繰り広げられる、性の目覚めの頃のめんどくさいぐじゃぐじゃです。

モードの迷宮
 ずーっと読もうと思ってて、でも学術書なのでどうも手が出なくて、いいや今回使わなくてもファッションと身体論はどうせ必要になるんだ、と思考停止して取り寄せてしまった。
 すんごい読みにくそう……。ちょっと後悔。

植物知識
 店で担当の棚をぼけっと眺めていたらあったので、衝動買い。花にまつわるエトセトラをぼんやり知りたいのです。

 文章を書きながら突然「あれについての本が必要だ!」ってなるので、こういうときは本屋で働いていることが便利です。
 あと資料収集という点ではネットはほんと偉大。
本・活字 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/836237
TRACKBACK
<< 眠りたい もう眠りたい | TOP | ルー語は素敵なランゲージ >>