センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

花の下にて、春

 樹齢300年という枝垂れ桜を見てきました。
 結構山の上の方だったので行くのが大変でしたが、頑張った甲斐のある景色だった。もう桜も終わり頃で、花吹雪がきれいでした。お花見日和の好天だったけど、親戚の子ども達と全力で遊んだので暖かい通り越して暑かった。

しだれ桜

 椿山荘庭園で夜桜も眺めたし(その節は懐かしさに引きずられて自信満々で道を間違えてすみませんでした)、今年もよく桜を見ました。
 新宿御苑や目黒川、千鳥ヶ淵などの名所にも、地元の穴場にも行って、いちばん好きな桜は家を出てすぐの何てことない桜並木です。
 通勤電車の車窓から見える川沿いの桜や、会社の近くの児童公園に一本だけある桜、毎日見る花がいちばんきれいだなと思う。
 それと、団地の階段室の小さな窓いっぱいに咲いている桜。

 桜だけじゃなく水仙やチューリップもきれいでした。春だ。
ぶらぶら出歩く | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/839442
TRACKBACK
<< 妄想三題 | TOP | 時代が生んだ幻の花 >>