センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

城彰二引退試合

 先が見えなくて死ぬ……と思っていた転職活動がひと段落して、あとは楽しいことばっかりだ! 遊ぶぞ! と思った途端に体調を崩し、胃腸炎で夜間救急のお世話になる羽目に。

 A代表の試合も友人との会食も泣く泣く諦めたのですが、城の引退試合だけは行きました……点滴ハイと気力で……。三ツ沢が果てしなく遠く、キックオフに一時間くらい遅刻し、名波さまが空気読まずに本気出したらしいPK対決とかオグの大活躍とか色々見逃しました(泣)
 アトランタ五輪代表+94〜98年頃のA代表メンバーのJO DREAMS(←チーム名)vs城が在籍した03〜06年の横浜FCオールスターズという形式で、城は前半JO DREAMS、後半横浜FCに入ってました。城にゴールを決めさせてあげたいという皆の優しさで(笑)、城が前半に1点、後半に2点入れて横浜FCオールスターズの勝利で美しく終わりましたよ。後半JO DREAMSのGKだった小島さんはほぼ直立不動だった……(笑)それでもうっかりシュートに手を出してしまって城に謝っていたので、あー反射的に体が動くものなんだろうなあと思いました。
(そして徹底的にお膳立てされているにも関わらず決定力のない城に、これが公式試合でなくてよかったと本気で思いました)
 
 でも、もう見ているだけで幸せだった。城の引退試合を見られるとは本当に思っていなかったんだ……。Jリーガーのファンとして私は最高に幸せ者だと思います。

 チケットを確保してくれたあすかちゃんのGJによりバックスタンド最前列でした。バカ話がボールボーイに筒抜ける近さです。
 みんなでわいわい見られたのも嬉しかった……よろよろしていてあんまりお話出来なかったけれど楽しかったです。

オーロラビジョン
蹴球・スポーツミーハー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/839445
TRACKBACK
<< いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。 | TOP | グローバリゼーションという悪夢 >>