センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ゴールデン・エイジ

 ユナイテッドシネマとしまえんにて「エリザベス ゴールデン・エイジ」鑑賞+庭の湯ナイトパックで有休終了。

「エリザベス」は、前作がすごくすごくすごく好きで、あの完璧で壮絶なラストの続きなんて出来やしないよ……と思っていたので、ある程度身構えて見に行きましたが、……ほんとにあの前作のラスト何だったのかと。何もかも超越した境地から俗世に戻ってきてましたよ……
 何かもう、所詮愛で性で男なの? そういうのを越えたんじゃなかったの? 結局生身の人間には越えられない壁なんだとしても、もっとこう……あると思うんですよ描き方が。

 女王が侍女をいっぱい侍らせている絵はすごく良くて、特に小人症っぽい侍女を縫いぐるみのように膝に乗せている絵はちょっと不気味で変なエロさがあったので、そういうちょっと畸形っぽいインビさを貫いて欲しかったよ……
 前作の拷問のシーンを見ていても思うのですが、この監督わりと暗くてマニアックな傾向なんじゃないかと……今回はかなり抑えてわかりやすく、かつ一般向けを意識したのではないかなあ。惜しいなあ!(根も葉もない言いがかりだったらスミマセン)

 あとジェフリー・ラッシュ扮するウォルシンガムのその後にもちょっと泣いた。あの血も涙もない男色家のウォルシンガムが好きだったのに……
 ケイト・ブランシェットは変わらずお美しかったです。是非今回こそオスカーを獲って欲しい!

 今日は職場の送別会を駄菓子バーで(笑)してもらいました。
 店内はテレビの番組も昭和で、店長が昭和のアイドルを熱く語っていた……。駄菓子だけでなくおつまみやごはんもオーダーできるのですが、皆ほとんど駄菓子をだらだら食べていた気がします。
映画 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/848009
TRACKBACK
<< センチメンタル・デイトリップ | TOP | ふられた >>