センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

光の射す方へ

 旧年中は大変お世話になりありがとうございました!
 今年もよろしくお願いいたします。

 元日は初日の出の名所として有名な銚子・犬吠埼へ行ってきました(我々は日が高くなってから出発して、現地到着は昼過ぎでしたが)。
 銚子電鉄はレトロな感じのかわいい電車でした。一眼レフを首から提げた人が沢山いて、要所要所で激写しておられました。中でもアイドルの撮影会みたいなテンションになっているところがあって何がいるんだろう?と思ったら桃鉄(桃太郎電鉄)のペイントの車両が! 犬吠駅にはかわいいボンビーもいました(笑)

 右手に海を見ながら灯台へ向かいました。灯台に近づくにつれて左側にも海が開けてきて、ものすごくパノラマな感じで視界が一面海に。
 灯台からは水平線が見えました。「地球がまるく見える」という冠が展望台に付きがちだったのですが、確かに水平線はちょっと撓んだ感じに見えた。

灯台

 みやげもの屋を冷やかしつつ歩いていると突然「こーんにーちはー!」というハイテンションなおねえさんの声が。「……イルカショー?」「イルカショーだね」と目の前にあった犬吠マリンパークに入ってみる。案の定イルカショーでした。
 昭和の香り漂うマリンパークで、イルカやペンギン・アザラシのいる屋外には硬貨で動くヨッシーの乗り物がいるカオスぶりだったんですが、イルカは頑張ってショーをやってました。
 イルカのショーのあとにアザラシのごはんタイムも見られました。アザラシはあんまり芸を覚えないんだそうですが、手を振ったりくるくる回転したり愛らしかったです。2頭でチューもしてくれました……男の子同士で(笑)
 ふれあいコーナーのヒトデが生死不明だったり、ウーパールーパーがぎっしりしすぎていてちょっと気持ち悪かったり、謎のお正月コーナーがあったり(ウミウシと伊勢エビがいた)、飼いきれず捨てられていたのを利根川で保護されたというカミツキガメがいたり、何かとカオスでしたが面白かったです。
 ねうねうがわにわにパニックを見つけてワニを叩きのめしておられました。

ウミウシ?

 その後、銚子電鉄を途中下車して川口神社へお参りしました。
 道中眺めた夕暮れの銚子漁港がすごくきれいでした。風力発電の風車がくるくる廻っていて、町にあかりが灯っていて。
 おみくじは末吉でした。じわじわ回復してきていると信じよう。

 行きの電車の中でiPodをシャッフル再生したら、今年の一曲めはイエモンの「離れるな」でした。濃い……

水平線
遠くまでゆく | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/870013
TRACKBACK
<< ゆく年くる年 08'→09' | TOP | 第140回芥川賞・直木賞(ノミネート) >>