センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第140回芥川賞・直木賞(ノミネート)

 芥川賞の候補者の顔ぶれがなんかいつも同じだよ……と思うのは気のせいか? もう山崎ナオコーラにあげておけばいいじゃん(あんまり好きじゃないけど)。
 田中慎弥にはちょっと興味がありますが、それくらいだなあ……

 直木賞はもう恩田陸にあげておけば以下略。でも「悼む人」かも知れないですね(文春だし)。王様のブランチで松田哲ちゃんが大絶賛していたけど、私は背中がぞわぞわするを通り越してきもちわるく感じてしまいました(私に言われたくないよね!)。癒し・ほっこり・きれいな涙が怖いんです、自分が邪悪だから。読まず嫌いなのは良くないと思うけど。

 それにしても本屋さんを辞めてからこういう情報にはびっくりするほど疎くなりました。
本・活字 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/870730
TRACKBACK
<< 光の射す方へ | TOP | 歩く ひとり(東池袋) >>