センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

愛されるよりも愛したい

 まあ今日中に繋がれば取れると思うし、とか言いつつたらたらリダイヤル連打してたら(サッカーW杯最終予選の)バーレーン戦のチケットは1時間半後には完売してましたよ。すごいな代表人気。
 先日のオーストラリア戦は惜しかったですよね……! 松井大輔がすごく頑張ってるところを久々に見られたのが良かったです。得点できなかったのは悔しいけど。
 
 友だちにたくさん会えそうな某所に押し掛けてチョコを押しつけて来ました! もう自己満足というか愛という名のテロ行為ですよ……受け取って下さった方々ありがとうございました……。ワーッと来てワーワーしてワーッと帰る変なテンションのおかしい生き物ですみません、でも楽しかったです!
 今年は土曜日だったし、本当に穏やかで楽しいばっかりのバレンタインでした。

 早めに帰路についたのですが、池袋西武のイルムス館で古本まつりにつかまってしまい……
 とりあえず一周するだけ〜と自分に言い訳しながら見ているうちに寺山修司の『幻想図書館』(河出文庫旧カバー版。古本を見るとき最優先で探す本の一冊)を見つけて本気になってしまい、結構買ってしまった……。寺山のほかに澁澤龍彦2冊と『ゲイ短編小説集』というアンソロジーが戦利品です。
『ゲイ短編小説集』はレジへ行く直前に見つけてしまって、一度は棚に戻したんですが、D.H.ロレンスとかフォースターとかサマセット・モームとか一度は読んでおいた方がいいんだろうなーと前々から思っていた文豪ばっかりの豪華ラインナップだったので、つい……。最終的には「幸福な王子」が収録されていたことが決定打になりました。監修した人は慧眼すぎる……やおい的な観点で。
 すごくオシャレな感じのかわいい女の子が吉屋信子の『花物語』を上中下3冊抱えて歩いてて、羨ましかったりときめいたりしました。あとすごく知的な感じのきれいなおねえさんがハトロン紙にくるまれた小難しげなフランス文学の本を何冊も選んでるのにもときめきました。

 エネルギーをチャージしたのでがんばろう。
ぶらぶら出歩く | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/880694
TRACKBACK
<< ブレヒトのアンティゴネ | TOP | 司会はウルヴァリンの第81回アカデミー賞 >>