センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Give it to me, all of your night!

 11日はZepp TokyoでBUCK-TICKライヴのあと、N条氏宅でDAナイト(浅倉大介関連DVD鑑賞会)でした。
 浅倉大介が好きすぎるN条氏に連れられてaccessライヴに行ったばかりに私まで大ちゃんが気になってきてしまい、ここは目一杯大ちゃんを堪能しよう(バクチクの後だけど)!という趣旨の集いです。
 すっごい盛り上がった!

 宇都宮隆で(エッ)

 ……いや、N条氏がオープニングにもってきたDVDが大ちゃんが参加している07年のTMトリビュートライヴで、N条氏が見せたかったのは後ろ髪が長くてパンツの上にスカートをはいたかわいい大ちゃん(41歳)なんですが、私は本来の目的を忘れてウツ(51歳)に釘付けになってしまい……だってもうあんまりにもいい声で!! 20年前とぜんっぜん変わってない!!
 なんかこう、ものすごい颯爽とした凛々しい声でした……そして王子っぽい(声が)。またひとり畏ろしい歌うたいに出会ってしまった……身長は179だし!
「Be Together」のサビ前の、「So Sweet, My Angel Give it to me, all of your night」のところでウツ(と木根くん)がくるっとターンするんですが、「ここですっごい会場が湧くんだよね」とちょっと不思議そうに言っていたN条氏の隣で私は倒れ伏していたよ……あのターンはすごい破壊力だった……。N条氏には効かないらしいですが、私は死にました! キュン死にするわ! だって裾ひるがえしてくるって! 木根くんが一緒にまわってたのもよかった(笑)(大ちゃんも一緒にまわるといいよね!)

 40過ぎの大ちゃんがかわいい時点で相当どうかと思うのに……50の……ウツが……かわいいとか……ほんと……
 いや、おじさんなんですよ!! わかってるんだ、おもしろい動き(すみません)をしてる50のおじさんだということは!!
「Get Wild」間奏で、大ちゃんがすごく頑張るところがあるんですが、そこにウツがちょっかいを出しに行ったときのふたりが……か、かわいくて…… ああああ50のおじさんと40のおじさんをつかまえてホントにすみません!
 でも「Be Together」のときのウツは確かに当時十代だったあみーゴよりかわいかっいや何でもありませんホントすみません。

 ライヴに関しては、アルフィーとサザンとB'zを達成したからもういつ死んでもいい、という安らかな気持ちでいたんですが、なんか……「Get Wild」を生で聴くまでは死ねん! ……みたいな気持ちになってしまい……あーせっかくクリアしたと思ったのに!
 だけど実際「Get Wild」を生であの声で聴いたら感動しすぎて死んじゃうと思います。

 帰宅してからも延々TM NETWORKを聴いてますが、ホントこの近未来で「電気じかけ」で少年と少女な世界観がたまらない。音楽に不健康な溺れ方をしたい(生活のBGMにするんじゃなくて、生活がままならなくなるほどどっぷり浸りたい)ので、世界観は重要です(笑)

 ああなんかすっかりウツがメインになってしまったけど、大ちゃんも堪能したんですよ……私は致命的にヴォーカリストに弱すぎるけど、歌うたいの次に好きなのは鍵盤弾いてプロデューサーもやっちゃうキーボーディストですよ!
 アクセスはヒロが常に出オチでした(爆笑)もー大ちゃんはどうしてあんなにヒロが好きなのかな〜。ヒロといると輝いてるよ! あとMr.Dがかなり好きです(笑)なんかあれクセになる……ピンクのおかっぱもかわいい……
 TMR-eの衣装が凄かった。

 キラキラしているおじさんたちを見ていると癒されると同時に勇気が出ます。
音楽 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/936942
TRACKBACK
<< 文学の言葉 | TOP | 将軍というのはな……もっともっと卑しい女の事じゃ >>