センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

さめた大人になるなんて 急ぎすぎる

 SMALL NETWORK F.O.Dに行ってきてしまいました。
 うっかり会社の懇親会とバッティングしていることを忘れて13日のチケットを取ってしまったため、色々と気が気でないまま当日を迎え、かなり無茶して抜け出したもののやっぱり1曲目には間に合わず(号泣)、とどめに席がわからずに右往左往して死にたくなった……アクシデントてんこ盛りでしたが、それでも行ってよかった……!!

 ウツはほんっっとにいい声でした。生で聴くと(当然っちゃ当然なんだが)強い、そして男っぽい。知らない曲でも歌詞が自然に入ってきて、8割知らなかったんですが(笑)余裕で楽しめました。
 あとで「SCREEN OF LIFE」というタイトルだとわかったんですが、最初ちょっと不思議な歌詞だなあ……と思いながら聴いていた歌が、ウツの声の迫力が凄くてだんだん託宣を聞くような神妙な気持ちになってしまって……ウツが歌うと何でも良く聞こえてしまう。すごい歌うたいだなあとあらためて思いました。ウツって自意識が歌に混入していなそうなぶん、逆に聴き手は歌の世界に入りやすいんじゃないかという気がします。
「Love Train」は鳥肌がたちました。ラストでウツがキスをためてたので、あ、客席に投げるのかな、と思ってたら斜め後ろの大ちゃんに飛ばした(笑)
 大ちゃんはノリノリで弾いていてほんとうにかわいい。「DAWN MOON」だけなぜか先に配信で買って知っていたので、生で聴けて嬉しかったです!
「You Can Dance」やってくれてありがとうございました……!
「Be Together」と「Get Wild」を聴けなかったのは、「今死ぬな」という神様からのメッセージだと思っておきます……

 あとねー、あんなにマイクスタンドを華麗にさばくヴォーカリストはじめて見ましたよ! なにあれ! かっこよすぎるから!
 ウツはギターを弾く場面もあって(ギターの裏の文字は「とうとう慣れられませんでした」とかそんな?)素敵だったけど、どうもやっぱりマイクスタンドをギターに持ちかえると攻撃力が下がるような気がするんですよねー。マイクスタンドが最強装備なんだと思うな!(槍は論外・笑)
 フェンスオブディフェンスは、代表曲を一曲……と言ったときにファンから曲名のコールがばんばん飛んでいたのが印象的でした。

 ハマりはじめのいちばんテンションが上がってるときに、うまいことライヴに行けちゃうなんて今まであまりなかったので、がーっと燃え尽きて虚脱感で行動不能、という事態を怖れていたんですが、大丈夫みたいです。燃え尽きなかった(笑)アウェイだったうえに周囲に迷惑もかけたので小さくなって見てたしね……
 でも、なんかじわーっと幸せなんですよね……何だろうこれ! 本当に幸せです。不気味なほどに(笑)
 また今度、次はもう少し余裕を持ってライヴに行きたい(切実)。すっかりなまったチケット争奪の勘を取り戻しておかなければ……
音楽 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/936954
TRACKBACK
<< 何に因って? | TOP | 幕がおりない 手加減もない >>