センチメモリー/センチメモ

いつの間に私たちはこんなに遠くへ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

見かけにだまされないように

評価:
村上 春樹
新潮社
¥ 1,890
(2009-05-29)
コメント:こんなまわりくどい形式にしないで、「さきがけ」と「あけぼの」で起きたことをもっとそのまま書けばものすごい大作になったのに、という気がしてならない。

  はじめのうちは三行読んではイライラして、これはもう読破できないかも知れない……としょっちゅう思いました。冒頭のタクシーの運転手と青豆の会話からして、不自然だよ! 言わないよそんなこと! とずっと思っていた……。
 というか、「見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです」って、多分この章の主題をズバリでそのまんま書いちゃっててびっくりした……そしたらその後「1Q84年−−私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう」「Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの」「この現実の世界にもうビッグ・ブラザーの出てくる幕はないんだよ。そのかわりに、このリトル・ピープルなるものが登場してきた。」とまで書いてあってあーあそれ作者が言うのか……と脱力。それを直接言ってしまわずに、物語から読者に感じ取らせるのが小説なのでは?

 農業コミューンから宗教団体に変貌した謎のカルト「さきがけ」(山梨に拠点があるなど、オウムを強く連想させる)と過激派の「あけぼの」が絡んできてからは面白くなってきて、スムーズに読めました。
 だけど、こんなまわりくどい形式にしないで、「さきがけ」と「あけぼの」で起きたことをもっとそのまま書けばものすごい大作になったのに、という気がしてならない。作者が書きたいものはそうした事件の後遺症の部分なのかも知れないけれど、それにしても物語として書くのはあまりにも大変すぎるので、新聞記事や登場人物の台詞で「説明」しているようにすらBOOK 1読了時点では思えます。小説に限らず最近のフィクションはマンガでも映画でも、きちんと物語として語らなきゃいけない部分を「説明」に逃げてしまっているものばっかりだけど、日本で現在いちばんノーベル文学賞に近いと言われる作家でさえそうだったら……最終的にはそうではないことを期待してBOOK 2を読みます。

 あと、カルトにはまる人たちやDV加害者を「人格や判断能力を持ち合わせていない人」「根本は弱くて下劣な男」というようにばっさり断罪している(ように見える)書き方なので、読者は痛くなくて楽だろうなあと思いました。自分と完全に切り離して読めてしまうので。
 DVに対する激しい憎悪が繰り返し語られるのですが、きっと男の人はこれを何の痛痒も感じずに読むのだろう、たとえ自分がそれと気付かずにDVを働いているような男でも(そういう男だからこそ)、この本に出てくる男たちはろくでもない、DVなんて最低だ、と他人事のように読んで、それと気付かずにDVを続けるだろう、と私は思いました。

 大体、いかにも女性の立場に立っているような書き方だけど、マーシャル・アーツに通じていて、戦闘力の高い青豆(女性)の口から「睾丸を蹴ることなく、女性が男たちの攻撃から身を守ることは、現実的に不可能です」なんて言わせているし。セックスだけでなく格闘においてまで、女は性的な弱みにつけ込む以外に男に勝つ術はないと言っているようなものなんじゃないのか。
 村上春樹が書く女性は「完全にノンケ」と表明しながらちょくちょく女性と性的なスキンシップをとりますが、今回の青豆と大塚環の関係は本当に出来の悪いボーイズラブを読まされているみたいだった。夜遊びを共にしているだけのあゆみはともかく、「その人とそういう関係になるべきじゃないと思った」「大事な友情をそういうナマのかたちには変えたくはなかった」というほどの親友と、「成り行きで何となく」裸で性器をさわり合ったりキスしたりする展開にリアリティーを感じられない。どれだけ性に興味のある年頃でもちょっと考えにくい。
 性的なファンタジーを共有することはあっても、性そのものを共有はしないですよ。あまりにも仲が良すぎるふたりが好奇心と寂しさでやっちゃった、なんてまさによくある「やおい」ですよ。
本・活字 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 麻子
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://note.words-in-pain.hacca.jp/trackback/936967
TRACKBACK
<< 限界破裂 | TOP | 君の愛がなければ、それはただの安物芝居にすぎない >>